0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

鈴は手術できませんでした

こんばんは、ヨッチーです

木曜が手術の日でした。
前日の水曜の夜に鈴を入院させました。
腎臓の数値が悪いので、前日から点滴を
しました。

病院に置いていくとき本当に辛くて涙が
出そうでした。もしかして、手術最中に死んじゃうかも?
とか、術後の予後が悪かったら、後悔するんだろう、とか
いろんなことを考えて木曜を迎えました。

昼に動物病院の担当の先生から電話がありました。
手術直前のレントゲンで肺に影が見つかったそうです。

すでに肺に転移しているようです。
肺に転移していたら、乳がんをとっても意味がないので
手術を延期しました。
先生は来週もう一度レントゲンを撮って肺の影が大きくなって
いたら、転移と判断するようです。
私もレントゲンを見たのですが、見た瞬間にわかりました。

診察室で私が「鈴!いい子だったね」と声を掛けると
頭をごんごんぶつけてきて、ゴロゴロゴロゴロと喉を鳴らし

「おかーさん、なんでおいていったの?ゆうべはさびしくて
泣いちゃったよ」と言ったと思います。

そんな鈴を見たら手術しないで、残りの猫生をリハビリ三昧に
しないで良かったかもと思いました。

この後、鈴に人用の免疫力をあげるサプリなどを
飲ませてみようと思います。

余命2ヶ月といわれましたので、せめてその時間を楽しく
おいしく、うれしく、過ごしてもらいたいです。

鈴は今はまだ、元気に見えます。
引越を予定より早くすることにしました。
元気なうちに環境を変えたいから。

家は殆ど完成です。今日は、新居に行って色々な設備の
説明を受けました。
いろんな業者が入れ替わり説明するので、私自身が
写真を撮れずにいます。

そんななか、撮った写真

20160626玄関_R
玄関

20160626花壇_R
玄関横の花壇

結局、庭が作れなかったので、玄関横に花壇を作ってもらいました。
ここには、バラを2~3本と季節の草花を植えようと思います。
まぁ、とりあえず冬にチューリップの球根は植えたいな。

20160626ウォークインクローゼット_R
ウォークインクローゼットの壁紙

私たちの住居部分のウォークインクローゼットはとっても狭くて、
とても二人分の服が入りきらないんじゃないの?っていう狭さ。
なんですが、この壁紙がすごく気に入って、貼りました。
今度アップの写真を載せますが、いろんな動物のイラストなんです。
洋服でかくれちゃうんだな~。もったいない。

20160616あたしとアビー_R
アタシとアビー

私がしわくちゃなので、嫌なんですが、アビーはこうやって
私に抱き付いてきます。アビーはさびしがり屋さん。
いつも誰かに抱き付いています。
大ちゃんが死んで、鈴に抱き付くようになり、今度は鈴が
いなくなったらどうするんだろう・・・?と心配です。
アビーは年上の猫が好きなので、よしおと笙子は論外です。
あとはアンかぁ。
アンが嫌がるなぁ・・・。

20160626よしお_R
本日のよしお
アビーおばちゃん、苦手だなぁ

さあ、いよいよ引っ越しだ。
とりあえず、荷物より先に人と猫が身の回り品を持って
来週末引っ越します。

このぼろアパートともお別れ。
さびしい?
いいえ、とんでもない。
いまだにストーブをつけるくらい寒いんです。

上の部屋の人は、犬を2匹飼っていて、いつでもドッグラン
ものすごくうるさいんです。何かをたたいたり、ドスンドスンと
想像できない音を立てます。
深夜、早朝、おかまいなし。

非常識にもほどがあります。安普請だから音が響くのね。
だから仕方ないと割り引いても、我慢できないくらい大きな
音を立てます。

だからこのアパートとサヨナラしても、問題ない!
今週は忙しぞ~!

鈴に元気玉送ってください。お願いいたします。
スポンサーサイト
【 2016/06/27 】 仮住まい生活 | TB(0) | CM(12)

鈴は乳がんでした

こんばんは、ヨッチーです

毎日忙しいような気がします。
きっと気のせい。

先週1週間は風邪をひき熱が下がらず
咳がとまらず、喉がひりひりという日々でした。
あんまり熱が続くので身体が慣れてしまい、
「お!このくらいなら会社にいけるじゃん」と
仕事に行ってました。

今日もまだ咳がとまらず、熱っぽいなぁ。
誰かに肺炎にならなくてよかったね、と言われました。

肺炎、ということもあったのか?そんなに年寄じゃないぞ。

さて、タイトルの通り、鈴は乳がんでした。
一応発見は早かったそうで、手術で患部やその周辺のリンパ節など
取り除く手術ができるそうです。
ネットで調べたら、乳腺を全部とってしまい、皮膚も切除するので
残った皮膚や筋肉をぐっと張り合わせるような感じにするそうです。
人間と一緒です。

だから、術後がとても大変です。
私は高齢の鈴(多分17歳)には無理な手術だなぁと思っていました。
が、担当の先生がいうには、もう少し腫瘍が大きくなったら
余命2ヶ月くらいといわれました。
腫瘍は検査結果待ちの1週間で少し大きくなりました。

術後のことを考えて手術をやめようと思ったのですが
どんどん大きくなる腫瘍で歩くのが大変になり、膿んだり
ほかに転移したりと良いことはないようです。

手術しても、完治はないようです。調べると転移する確率が
高いようです。
手術しなくても、2~3か月の命、手術したらもしかしたら
余命が延びる?

新居で良い景色を眺める猫たちを想像していたので
私的にはとってもショックでした。

でも歯を食いしばって、決めなくてはなりません。
夫は手術をしてすこしでも助かる確率を大きくしたいようです。
もちろん私もそう思うのですが、術後の鈴の暮らしを考えると
びみょーです。

が、手術をしてもらうことにしました。
血液検査の結果、腎臓がそれなりに悪いというので
手術前日から点滴で、腎臓の数値を良くします。

明日水曜の夕方、病院に連れて行き、手術の準備をします。

今もウロウロうろつく鈴、しばらくは歩けないよ。
前足がつれちゃって、一歩前に行くのが大変だろうなぁ。
ああ、本当に手術うけるべき?それともやめとく?

おそらく鈴が死んでも同じように何度も悩むんじゃないかな

あら~しめっっぽい話ばっかりでごめんなさい。

【 2016/06/21 】 仮住まい生活 | TB(0) | CM(4)

猫たちの近況

こんばんは、ヨッチーです

ご無沙汰しています。
見に来てくださる方、本当にありがとうございます。
生きてますよ~

6月30日が家の引き渡しになります。
今はきっとラストスパートですね。ほとんど見に行けてない私。
夫は毎週自分の休みに見に行ってます。

先週から内装がはじまり、私が楽しみにしている壁紙を
貼ってもらっています。もちろん、バラ柄よ^m^
イチゴ柄もあります^m^
今年は雨が少ないので、予定通りに家が完成するようです。

さて、仮住まい生活ももうすぐ終わり。この暮らしにやっと慣れた
猫たちをまた移動させなければなりません。
引越は7月半ばの予定です。

20160601よしお02_R
よしお、荷物の山から下山中

20160601よしお01_R
慎重に・・・・

20160601笙子_R
笙子が下で待っている・・・

段ボールが積み上がった山がある暮らしを一番楽しんだのは
よしおと笙子ではないでしょうか?
アビーもアンも鈴も登りませんでした。
新居もしばらくは段ボール暮らしだから、もう少し楽しいかな?

20160608よしお自撮り_R
自撮りよしお よしおの足もとに携帯を置いただけですが・・・
このモフモフ感がいいですなぁ~



20160611アン_R
窒息しているかと思ったけど、熟睡しているアン
本当に驚いた


アンはいつもの雄たけびが戻り、外にいても聞こえるくらいの
大声で叫んでいます。これが長生きの秘訣かもしれません。
私がほとんどいない日中、自分でおしっこができるようになり
いわゆるV字回復ってやつです

20160612アビーと鈴01_R
持病組のアビー(左)と鈴(右)
アビーは食道巨大症をいい状態で維持しています。
2週間ほど前は頻繁に吐いていて心配しましたが
この数日は落ち着いています。


鈴は自己免疫疾患と診断が出たわけではないですが
ほぼそうだろうということで、まずステロイド投薬で
皮膚疾患を治すことにしました。
ステロイド投薬を始めるのが遅かったと思います。
いつまでもエリザベスカラーではかわいそうなんで
見切り発進です。

そして、数日前、鈴の身体を拭いていたら右前脚から
少し胸中央に寄ったあたりに、しこりを発見してしまいました。
結構大きかった。なんで気づかなかったんだろう?
ものすごい後悔・・・。
前足の爪のただれ、横っ腹のハゲばかり気にしていたので
気づかなかった・・・。

病院は明日、夫が連れて行くんですが、間違いなくガンだと
思います。何ガンかってだけです。

心臓に近いのと年齢が17歳なのでもう手術やきつい抗がん剤
治療はできないと思っています。
痛かったり、苦しかったり、寂しかったりしないような治療を
して、鈴が自宅で猫生を全うしてもらいたいと思っています。

猫ってガン多いよね。
まただよ。

20160612アビーと鈴02_R
アビーは大好きだった大ちゃんとお別れした後は
鈴にべったりです。鈴が一日でも長く生きてくれると
アビーも元気でいてくれると思うの
鈴、がんばって
新しいお家でみんなで楽しく暮らすんだよ


【 2016/06/12 】 仮住まい生活 | TB(0) | CM(4)