071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

術後服の作り方

こんばんは、ヨッチーです

はぁ~、寒い。
北海道のmimihaさんには申し訳ないんですが
寒いのがダメなヨッチーには、千葉県の冬もきついです。
寒い!寒い!寒い!!!!
(外気温10度くらいですが)
皆様は寒いのは好きですか?

ところで、まったくリクエストもないのに勝手に術後服の
作り方をアップします。
バラも終わりだもんね、ネタがないの。

鈴が着ているのは本式の術後服ではないです。
簡易なんです。カバーするのが、腹ではないので。

では以下、どうぞ~
あ、助手はお邪魔虫よしおです

20151206術後服の作り方001_R

材料は古いTシャツが理想です
イイカンジに柔らかく、よれているのがベスト!
これは夫のものなので、LLサイズ。小柄な猫なら3枚とれます。


20151206術後服の作り方02_R

そして袖口を落としながら、前と後ろの2枚に切り分けます。
よしおさん、素敵に邪魔してくれます。

20151206術後服の作り方03_R

おおきいサイズのものは、下の部分を切り離します。
上の部分は猫の身体の長さに相当しますが、
長すぎたら切ってしまえばよいので、適当でいいです。

鈴は下の切った部分を背中に当てます。
お腹をカバーしたい子はお腹に当ててから術後服を着せても
良いでしょう。2重にカバーできます。


20151206術後服の作り方004_R

さて、ここからが本番。
切ったシャツの両脇に5~6本切れ目を入れます。
そして、首の部分から適当なところに、十字に切れ込みを入れます。
前足が入る部分ですね。小さめでいいです。
生地が伸びるので、足をつっこんだらある程度広がります。

20151206術後服の作り方05_R
切り方が雑にゃ!
ダメだしされました(^_^;)

20151206術後服の作り方06_R

いきなり完成で申し訳ありません。
一人で撮影、一人で着付けなので、着ている最中の
写真が撮れません。
着せ方は、2か所の穴に、前足を入れて、首のほうか結んでいきます。
鈴は背中に当て布をするので、首を結んだら、背中に生地を乗せます。
そして、順番に固むすびです。

20151206術後服の作り方007_R

これは腕の付け根を腹側から見ています。
もし、腕が動かしづらかったら、ハサミでちょっと切って
あげます。
基本、きついところがあったらハサミで少し切り込みを入れます。

大雑把な術後服のできあがり!
縫わない、サイズを測らない、失敗しても後悔しない。
汚れたらポイできます。

さて、袖はきりおとしましたが、再利用できます

20151206あまった袖口で_R
だらんとした、部屋着に~

20151206あまった袖口で03_R
ねじねじ風に~

20151206あまった袖口で02_R
パーカー風に~

モデルはよしおさんでした~
最期、う~って怒ってました^m^
スポンサーサイト
【 2015/12/06 】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL