071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

母子戦争~ごぶさたしてま~す(^_^;)~

こんばんはー、ご無沙汰しております、ヨッチーです

ずいぶんとさぼっておりました。
そのあいだ、ご訪問くださった皆様、本当にありがとうございます。
ブロ友さんのブログにもほとんど行っていません。
皆様はお変わりないでしょうか?
寒くて雪があちこちで降っていて、皆様のお住いの地域が
心配です。

時々、ブログを入力しておりました。
でも文面が愚痴やら、文句ばかりで、とっても見苦しい文面で
これは~、いくら自分の日記でもダメじゃん~と書いては消し、
書いては消し、と無駄な時間を過ごしておりました。

でも、ちょっとだけ、グチります

おかーさん!
いい加減、家片付けてくれー!
そんなんじゃ、私たち引越せない
ゴミにしか見えない物たちを
捨ててくれー!!!!!!


はぁ・・・・・・

すみません。
私たちこのマンションを2月29日に出ます。
新居が建つまでは私の実家に間借りします。
実家は歩いて10分くらいのところです。
大きい荷物はトランクルームってやつを借りました。
だから猫5匹と夫と私が実家に着替えや身の回り品を
持って移るんですが・・・・・。

うちの実家は世間でいう
「片付かない実家」

何年もこの片付かない実家に悩んできました。
実家を片づけるブログを立ち上げて、同じ悩みを持つ
息子や娘さんたちと励ましあおうかと悩みました。
(実家の母は悩んでいませんので無意味ですね)

もともと2世帯住宅の実家には母一人で住んでいます。
5LDKの実家はケモノ道のようなやっと人が通れるくらいの
通路があり、物が天井まで積んであったり、亡くなった祖父母、父や
叔母の服や家具、遺品の数々、片付かないから買い足した収納棚、
大量の食品、「もったいない」から捨てない色々なもの。
もったいないから拾ってきたものもあり、驚きです。

すべて整然と整理されていれば、文句も言いませんが
もともと片付けができない人なので、いろんなものがいろんなところに
あります。一度使ったレトルトの混ぜご飯のもとが、猫の餌箱に入って
いたり(実家にも1匹猫がいます)、賞味期限の切れた蕎麦が
本棚に置いてあったり、ドロドロになったゴボウがテーブルの下に
あったり、ワケわかりません。

戦争中に都内から千葉県に疎開して、都内の家は焼けてしまい
何もなくなった状態で育ったので、食べることが大事な母。
家の中は何もないから片付けをしたことがなかったらしいです。

高度成長時代に少しずついろんなものが手に入るようになり
家を建て、自由になるお金ができてくると、買い物の楽しさを
味わうことができ、買ったものはまず捨てない。
たくさんの物に囲まれて、私は育ちました。
とてもうっとおしい家でした。
しまったものは、次にどこにあるかわからないし、引き出しの中は
ぐちゃぐちゃ、冷蔵庫にはいつも物がパンパン。
押入と冷蔵庫はあけると雪崩。

小学生のころから、なんか変だと気付き始めて、自分の机の周りは
片付けるようになりました。
中学から結婚して家を出るまでは、働く母に代わって、私が片付けと
掃除をしていました。学校から帰るとまず掃除、ご飯を炊いて、
茶碗は毎食洗うのは私なので、帰ると朝ごはんの茶碗が桶に
入っていました。6部屋全部と玄関、風呂掃除、トイレ掃除、と
家政婦のようだったなぁ。

食べることが一番大事な母は食事はとてもおいしかった。
だから私には作らせないで、片付けを私がしていました。
それでも母のことは大好きでした。

結婚して、しばらくしてから母が「あんたが結婚したら家が
片付かない」と文句を言われたときはびっくりしました。
妹夫婦が同居していたので、妹が片付けているかと思って
いたのですが、自分たちの居住区域以外は手を出さなかったようです。


同居していた妹たちが転勤で実家を出た後、母は一人になり
空き部屋が寂しいのか?ものすごい勢いでいろんなものが
増えました。
「脳が片付かない脳だから」と言い訳し、「あんたとは世代が
違うから、物を簡単には捨てない」と言われました。

新居を建てて夫の母と同居するのは実は心苦しいところがあるの
ですが、私の母はとても頭が良く、口が達者で、75歳の今も
バレーボールをやるくらい元気です。
とてもおとなしく私とは同居しないと思ったので、あきらめました。

でも間借りをしてもいいよ、と言ってくれたから、その分お金が
助かります。これを機会に少し片付けるかな?と期待したのですが

大間違いでした

短期間(半年)だからお互いに我慢して
ゆずりあいましょう
(だから物はすてないよ)


と、言われたのでさすがに私も頭に来ました。
あんな猫道しかない家には住めません。

片付けてくれと言われるのが嫌だろうから、
猫5匹OKで駐車場付好条件のアパートが
あったので、そっちに引越すと伝えました。


そうしたら、今度は母が逆切れ

「間借りが迷惑だとは言ってない、
譲り合おうと言ってる」


しかもバラを置くための駐車場も借りたというではありませんか!
駐車場にバラを置きたくない、実家のベランダに置きたいと
言ったのに、そのためにたくさん手放したのに・・・。
今更駐車場をキャンセルできないから(イヤできるはず!)
アパートは許さないと激怒しておりました。

母は昔から家族を自分の思うとおりにしてきたので、またやられました!
余談ですが、結婚式の色打掛は私が希望した柄を母が自分の好きな
小菊柄に変えてしまいました。招待客も母の友人を入れなくてはならず、
人数調整が大変でした。今26年前の記憶がよみがえった!

それでもフォローしますが、私は基本的に母には世話になっている部分が
多く、マザコンなので大概のことは許してきました。
母も私が言うことを聞くので、万年反抗期の妹よりは御しやすいと
思っているに違いないし、最終的には私を頼りにすると思っているはず。

が、もしかしてホントにはじめての母子戦争かもしれません。
引越まで、あと1ヶ月。あんな家には猫を連れていけません。
バラだって駐車場に置いて、きれいに咲いたら盗難にあうかも・・・

こんなことが根底に流れながら、私は引っ越しの準備をしています。
新居は間取りの図面を何度も検討している最中です。
猫部屋を作りますよ(^O^)
正確には猫部屋に私が寝るんです。

夫は何をしているかというと、「忙しいから」「会社休めないから」と
義母の片付けや引っ越し準備を私に丸投げしています。
やることの多い私が先日キレて、「自分の部屋くらい片付けて」
と言ったら「俺は基本的に捨てるものが少ないから」と
実家の母のようなことを言っています。

夫も捨てないが、きれいに管理しないで、放置している人なので
埃だらけ、カビだらけ、ダニだらけの汚い物を新居に持ち込もうと
しています。

どいつもこいつも、
      いい加減にしやがれヽ(`ω´*)ノ彡☆


寒くなりバラも咲かなくなり、今や癒してくれるのは
猫と韓国ドラマとおせんべいです・・・・。

20160117よしお03_R
よしお、起きて、ママと遊んで
スポンサーサイト
【 2016/01/27 】 日常のアレコレ | TB(0) | CM(6)
いいのよいいのよ!! ここでばぁーーーんと書いちゃって!! 
気持ちが伝わってきましたーー。そして、あずきさんのブログを思い出しましたーー。あずきさんも実家に行くと、お片付けしてましたもん。
年代が違うと価値観も違うし、物に対する扱いは難しいですね><

しかも、ご自分たちの引っ越しの為の整理、新居の設計などなど、
もう一人のヨッチーさんが欲しい!!

んで、私思うのだけれど、これ仕方ないよねーー>< この状態に気づいた人、気になる人が結局することになっちゃうんだぁ。損な役割が・・・  けれどね、ヨッチーさんがいなかったらなーーんも進まないので、言いたくないけども「ヨッチーしゃん がんばっ♪♪」
後でね、全部片付いたら、好きなだけバラかっちゃいなさーーーい^^
【 2016/01/27 】 編集
ヨッチーさん、こんばんわ!
ヨッチーさんが怒るのわからないことないですよ!
お母様は75歳で戦争経験者なんですね。
ぴいひょろ母も戦争経験者で住む所をなくし食べ物にも不自由していた人です。
同じく片付けできない人です。物を溜め込む習性があります!
同じ物をいくつも買いだめして全部開封されていますよ^^;;
物を置く場所が決まってません。だけどぴいひょろが片付けをすると、
あれ?ここに置いてあったのに無い…とか言い出します。
どう見てもゴミな物でも勝手に捨てるとすごく怒ります。
賞味期限切れ平気です!缶詰は10年くらいもつと思っています(笑)
もったいないを通り越してこれはもう病気ですな^^;;;
最近では認知症も進んでなくなった物はぴいひょろが取ったと泥棒扱いまでします(困)
ヨッチーさんいろいろ大変な事がありますが、新居の為!
頑張って下さいね^^ バラ、取られないようにして下さいね。
ご実家でねこちゃんずが落ち着いて暮らせるといいですね。
引越が続くの心配ですが、しっかり者のヨッチーさんが居るから大丈夫ですよね^^
【 2016/01/27 】 編集
うまい!
ヨッチーさん 文章の構成が  うまい!
オチもちゃんとついてるし  ね。
{リアルなとこがたまらなく いい }
って
感心してる場合じゃない   ね。
ヨッチーさん 必死なのにね。
あたしは傍観者だから
てか
ヨッチーさん文章うますぎるから  わらっちゃた。  ゴメン ゴメン

ぜんぜん見苦しくないってばーーーー
ほっこりしましたよ。
いい家族だな。  個性的でv-10
【 2016/01/28 】 編集
mimihaさ~ん!
こんばんは、mimihaさん。
ご無沙汰しております。いつもコメントありがとうございます。

やっぱりね、結論はそうなの。アタシがやらなきゃ、だれがやる!
状態なので、仕方ないのですよね?
分身の術を使えたらいいわよね~。
本当に猫の手も借りたいです。

「物」に対する価値観や扱いは本当に苦労しますね。
私にはゴミでも母や夫はゴミじゃないのよ。
食べた後の包装紙や飴の包み紙、そんなもんまで取ってある二人よ。
「いつかは使う」が信条の二人。
「いつかは来ない」が信条の私。

この中間地点に私が行けばいいんだけど、私も我が強くて
譲れないの。修業が足りないんですね~。
mimihaさんのおっしゃる通り、頑張ります。
そして~、

落ち着いたら「バラの爆買い」しますよ!!!!

【 2016/01/31 】 編集
ぴいひょろさ~ん!!
ぴいひょろさん、こんばんは。
ご無沙汰しております。

なんと、ぴいひょろさんも同じでしたか?
やっぱり戦中戦後を生きてきたらそうなるよね。
想像できない暮らしだったでしょうね。
だから子供にはひもじい思いをさせたくないんだと
思います。ありがたいですね。

とはいえ、缶詰10年!さすがです。
うちは冷凍品5年はあたりまえ。米なんか相当古くなった
物をもらったことも何度もあります。
食べれませんでした。

実母って、子にとって絶対的な存在ですね。
だからよけい苦しく苦々しく、腹立たしく思います。
ぴいひょろさんがお母様に「泥棒扱い」された時の気持ちを
考えると涙がでちゃったよ。
いつか私も同じ風に言われるんだろうな~って。

私がもう少し大人になれればいいんですが、母に似て結構
我が強く、まだまだ自分の意見を曲げられません。
心の中では曲げたくないと思っています。
でも、きっと私が譲歩するしかないと思います。

折り合って生きるしかないのよね。

バラと猫を守ってなんとかこの時期を乗り切りたい!
頑張りますね。
ぴいひょろさんも、お身体大事に頑張ってくださいね。

コメントありがとうございます。

【 2016/01/31 】 編集
よこたんさ~ん!!!
こんばんは、よこたんさん

この間はバラを持っていってくださって
ありがとうございました。コガネムシに根っこを
食われていたバラだけネームプレートがなかったので
この場を借りて、「ザ・ジェネラシスガーデナー」
イングリッシュローズです。庭世代?って意味かしら?

ところで、笑っていただけてうれしいです。
文章を書いているときは自分の感情をぶちまけるとき
でもあり、また気持ちの整理の時でもあります。
書いていてだんだんと馬鹿らしくなる方が多いです。
「なんでこんなに心がせまいんだろう?」
自分の器の狭さを露呈しまくりですね。

文章をほめてくださってありがとうございます。
何であれ、この歳で褒めていただけるのはうれしいです。
新居が完成したらぜひ来てね。

コメントありがとうございます!
【 2016/01/31 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL