071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

バラが咲いた(虫の写真あります。ご注意)

こんにちは、ヨッチーです

気分を取り直して・・・・。
いつ、また速度制限がかかるかわからないからね・・・。
早く更新しなきゃ。

5月3日にバラが咲き始めました。バラのシーズン到来です。
ああ、うれしい。だってね、2年ぶりなの。
去年はうちのバラ達預けてあったから、まったく見てないの。
感動で泣きそうでした。

一番乗りは・・・

20170503フランシス・デュブリュイ02_R
フランシス・デュブリュイ

フランシス・デュブリュイ

作出 1894年 フランス
系統 ティー

ロゼッタ咲きの赤黒の花、濃厚な香りです。
(ダマスク香が入ってるって)
香りをかいだ最後にバナナのようなねっとりした
甘さを感じます。私だけ?

ステムが細く、うつむいて咲くのよ。
オールドローズらしいですが、四季咲きで良く咲きます。
うちに来た時から何度も咲いていました。
結構、かなり丈夫。

樹形は横に広がり気味かなぁ。
鉢植えで充分に育てられます。

20170503フランシス・デュブリュイ03_R
20170504フランシス・デュブリュイ_R

まだデュブリュイしか咲いていませんが、水やりを
していると、すごいいい香りが漂っています。
まだ、バラを置く余地のある人にはお勧めします。

うちは風が強くて本当に困ってます。
明日にでも、もったいないけどデュブリュイさんはカットします。
細い首では強風に耐えられない・・・。


私は今年も無農薬です。
はじめてのこの地でどんな虫がくるのか、どんな病気になるのか
いまだ観察中ですが。。。
以前住んでいたマンションよりは自然のサイクルが残っている
ようです。なぜかというと・・・。

虫の写真ですよ~、ご注意ください




20170416ヒラタアブの幼虫_R
ヒラタアブの幼虫

20170416テントウムシ_R
テントウムシ 中央の葉の中の黒いのがテントウムシ

ヒラタアブとテントウムシはアブラムシを食べます。
バラの鉢にほとんどこの幼虫たちがいました。
今はヒラタアブはさなぎになってしまって、アブラムシは
ほっとしているかも・・・。
テントウムシも頻繁に見ます。

ヨトウガの幼虫も見かけますが、葉に小さい穴が
あいたら、即、葉裏確認でさよなら~、しています。
天敵とテデトールで今まで凌いでいます。

でも、最近はチューレンジバチを見るので、きっとそのうち
大量に幼虫が出てくるね。やだやだ。

今は虫も小さいし、こちらが有利ですが、夏場のコガネムシと
カミキリムシが心配です。雑木林もあるし・・・。

天候が不安定で、強風と雨が頻繁です。黒星病よりベト病が
出る頃です。ベト病対策は「ゆうきの園芸ショップ」さんの
ピキャットクリアで除菌しています。
住宅地で隣との距離がやたら近いので、本当に農薬は散布
できません。小さいお子さんも多いので、絶対に撒かないつもり。

毎年バラのシーズンが来ると、バラは農業!と思ってしまいます。
明日はきっとラ・レーヌビクトリアと夜来香(イエライシャン)が開く予定^m^

20170504ラ・レーヌビクトリア02_R
今日のラ・レーヌビクトリア

20150503夜来香_R
昨日の夜来香(イエライシャン)

ああ~、ゴールデンウィークたのしいな~♪
スポンサーサイト
無農薬で頑張っているんですね!
すごいなぁ。+゚(゚´Д`゚)゚+。
私はこの冬「石灰硫黄合剤」を塗って減農薬に挑戦中…。
病気抑制には効果ありそうですが、虫は来ますね…(*_*;
デュブリュイ様の強香ぶり、素晴らしいですね!近くにいて香るなんてステキ~。
【 2017/05/06 】 編集
何でもいいと思います
みるまりさん、コメントたくさんありがとう~

私が無農薬をやっている最大の理由は実は・・・
面倒くさい です。
農薬を混ぜたり、管理したり、ローテーションを
考えたり・・・。

散布した後、気分が悪くなったり頭が痛くなったり
下のも事実ですが、面倒なんです。

だから一番花はなんとかなっても、このあとは
結構いろんな見苦しい状況になります。
でもいいんです。
私は花を出荷するわけじゃないので・・・。

そんな感じのゆる~い無農薬なんです。
農薬撒ける方はきちんとした方だと思います。
私みたいにだらしない管理じゃないんだと思います。
でも、何でもいいと思います。
バラが楽しめれば・・・。

あ、デュブリュイ、おすすめ!
いいですよ。
【 2017/05/07 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL